ひとつ前の報告のブログを書いているとき、ちょっと不思議だった。
    文面だけ先に考えてあったものをコピーしただけなのだけれど、それらしいことをきちんと書くというのは難しいものなのだなと思った。

    どちらかというと社会性のない大人である二人が、わざわざ社会制度にのっとって夫婦になり、それを公にするというのは変わったことだ。

    夫とは昨年から一緒に暮らしていたこともあり、結婚を機に大きく生活が変わるということはなかったし、式やパーティーの予定もうんと先であるため、当面は私の銀行口座やカード、携帯電話会社や保険証などの名前の変更ばかり行っている。

    私は夫を「稲村さん」と呼んできたが、自分も「稲村さん」になってしまったため、最近になって下の名前で呼び始めて、それにはなかなか慣れない。

    今後の色々な行事で、結婚を実感するときがくるのだろうか。そのとき、私は何か思うだろうか。

    とにかく生活は続いていくので、目の前のやりたいこと、やるべきことをひとつひとつ一生懸命やろうと思っています。
    たくさんのお祝いの言葉、本当にありがとうございます。
    2017/10/29(日) 未整理 記事URL